医薬品を個人輸入するとき

海外医薬品に関しましては、それこそ日本での効果は認可されていない薬なので処方せんは出せません。さらに、個人輸入に頼る時にはすべての場合は輸入業者を頼りますよね。

ですのでは処方せんなしで購入出来る医薬品を販売したりするのは、違反ではないでしょうか?という声が聞こえてきそうなんですが、医薬品と言いましても一概ではないです。海外の医薬品を買い求められる際、その為医薬品を個人輸入するときですけど、この時に処方せんの提出は求められません。

ですから、入手に関しては自分の責任となって、薬事法では処方せんの提出は義務ではないだろうかとしているのです。たとえると病院で処方させられる薬の中しかし、処方せんがいる医薬品と、処方せんがいらない医薬品があげられます。

通常、医薬品の購入には医師の診断、処方せんが必要になるのでしょう。しかしていながら、輸入だけを行う業者ならその必要はないとされます。

ショップを構えて日本認可の海外医薬品を販売するのなら、薬事法に従う厚生労働省の許可がないと運営はできない。